::: 回首页  サイトマップ 澎湖県政府 交通部観光局澎湖国家風景区管理処   
连结至Facebook(另开新视窗) 连结至Google+(另开新视窗) 连结至微博(另开新视窗)
澎湖を知る 食べる・泊まる・行動する・遊ぶ 公開動画 トラベルサービス
主橫幅
::: 澎湖を知る  
 
 
::: ホーム > 澎湖を知る > 資源保育
資源保育
共有:
* 印刷用ページ * フォワード
フォントサイズ:
字型:小 字型:中 字型:大
お使いのブラウザーはJavaScriptをサポートしていませんが本能には影響しません、このサイトの閲覧、共有するコミュニティ サイト[Facebook]下リンクを使用して可能性があります、[google+]、[Twitter の];印刷友好的である; CTRL + pを使用してこのページの内容を転送、ブラウザーによって提供される転送機能を使用することができます。
産業の特色 自然保護 青海亀 海鳥保護区
【産業の特色】

馬公市中央街と重慶里の間、すなわち澎湖は、商店がたくさん並んだ一番の繁華街です。そして住民も多い所です
澎湖群島の主要の産業は、漁業、農業、礦業などです。中でも、漁業は最も重要で、澎湖本島に集中しています。グルーパー、シモフリフエフキ、イカ、ロブスター、アサヒガニなどの魚蝦類、そして、九孔などの貝類も名産です。農業では、ピーナッツ、瓜類が主な産物です。 稜角絲瓜、嘉寶瓜、哈蜜瓜が、ここの特産ですが、ピーナッツもとても有名です。花生酥、帶殼花生、五香花生が三大加工食品です。また、鉱石といえば、文石がお薦めで、澎湖とイタリアだけで産出され世界の兩大文石産地であります。それに、澎湖の文石は、質、色とも最上で、世界でも名を馳せる最高の文石です。

一方、澎湖風景開発区の建設とともに、観光、旅行者数が幅広く増加し、澎湖県の経済全体の発展にも貢献度が大です。工業、商業及びサービス業も、経済環境の変化と市場機能の強化のお陰で、徐々に成長しています。澎湖地区の産業機構もよくなってきています。そのため、島外への人口流出の状況も、かなり改善されています。

漁業
農業
 
【自然保護】

青海亀澎湖群島は台湾海峡の中央にあり、大きさ違う64島々で構成されています。地表が平で、地形に変化があまりないから、動物達にも相違性が低く、自然資源も限られています。それにしても、変化に富む海岸線、壮麗な玄武岩、特殊な動植物資源など、澎湖を世界的な観光地域に変わらせる要因は数々あります。

澎湖は、東南アジアからの北方へ向かう渡り鳥の中継点にあり、毎年春と秋の時期には、様々な渡り鳥が飛来します。中でも一番特色があるのはアジサシ類です。夏季、猫嶼で繁殖するアジサシは一万羽を越えました。望安島はさらに青海亀が、陸上に上って卵を産むことで世界的に有名です。このため、政府は民国80年及び84年に「海鳥保護区」、「青海亀産卵棲地保護区」を設立し、大切なアジサシと青海亀を保護しました。

北海の鶏善嶼、錠鈎嶼、及び小白沙嶼は壮麗な玄武岩のため、民国81年に「玄武岩自然保留区」が公布されました。

また澎湖の潮、鯨、植物、そして老樹の特殊性も、豊かな自然資源と歴史を生み出し、澎湖の生命力と風采をいっそう大きく育んでいます。

 
【青海亀】

青海亀青海亀、Chelonia mydas、での名称はです。

青海亀は海亀の中でも体型はオサガメに次ぐ爬虫類動物です。成年の海亀の体長は最長110センチにもなり、体重も100キロを越えることがあります。研究によると、青海亀は20年から50年経たないと成 
年に達しないそうです。草食動物で、歯を持たず、とてもおとなしい性質です。
 攻撃に遭った時は、陸上の亀のように四肢と頭を甲に引っ込め、大きい体型とすばらしい水泳の技術で、簡単に海の天敵を避けることができます。 
 青海亀は、島民にとって大切な澎湖資源であり、この土地で何万年も生活している仲間です。一緒に海亀を見守り、一時の好奇心で、この恥ずかしがり屋を困らせたりせず、大自然の恵みを受けさせ続けるでしょ

 
【海鳥保護区】

海鳥保護区猫嶼は澎湖群島の南西海域にあり、大、小猫嶼から組まれ、海の遠方から見ると、まるでしゃがんでいる猫のようだから、猫嶼と名づけた。島上はどこでも

巨石が聳え、まわりは全部断崖に包まれ、地形が険悪で、登りにくく、大猫嶼の最高点は海抜79メートルで、同時に澎湖の最高峰である。

猫嶼は外海に孤立、地勢は険しく、夏のときに、近くの海域は黒潮支流の影響で、海産物は豊富から、台湾最大の海鳥繁殖地となった。なかにはアジサシ類はさらに数万羽に達しているという。各地の保護団体の呼びかけと専門家の実際調査から、民国80年3月16日に行政院農委会の制定、澎湖県政府は85年5月20日「海嶼海鳥保護区」を公布され、台湾始めの野生動物保護区を成立した。

今まで、猫嶼は全部28科75種鳥類が発見され、ただし夏の渡り鳥―アジサシと留鳥クロサギ以外の鳥類は、たまにしか通過しない、或い数年しか出られない。アジサシのなかではエリグロアジサシとクロアジサシの数が一番多く、ほぼ全部の99%を占めている。ちなみに希にみるアホウドリ、クロアシアホウドリ、イソシギ、ヤマシギ、カツオドリなどもここで現れたことがある。