::: 回首页  サイトマップ 澎湖県政府 交通部観光局澎湖国家風景区管理処   
连结至Facebook(另开新视窗) 连结至Google+(另开新视窗) 连结至微博(另开新视窗)
澎湖を知る 食べる・泊まる・行動する・遊ぶ 公開動画 トラベルサービス
主橫幅
::: 澎湖を知る  
 
 
::: ホーム > 澎湖を知る > 人文・歴史
人文・歴史
共有:
* 印刷用ページ * フォワード
フォントサイズ:
字型:小 字型:中 字型:大
お使いのブラウザーはJavaScriptをサポートしていませんが本能には影響しません、このサイトの閲覧、共有するコミュニティ サイト[Facebook]下リンクを使用して可能性があります、[google+]、[Twitter の];印刷友好的である; CTRL + pを使用してこのページの内容を転送、ブラウザーによって提供される転送機能を使用することができます。
県の花 鳥類 古い家屋 澎湖の歴史 澎湖の文化 歴史の写真
【県の花】
県の花―天人菊
県の花 新鮮で橙色の天人菊は、 強い生命力を持ち、 まるで島民が強風などの悪環境の中で生き延びるように、 不撓不屈の意気地を持つ花だから、 澎湖の県花に選ばれました。
  澎湖県花の「天人菊」は、粘り強く、艶めかしく、風雨を恐れず、渇水に強く手入れは必要なく、年間四季を通していつでも花が咲き、澎湖人の素朴な、生き生きとした生命力を表し、さらに澎湖人の、根気が強く発奮する仕事の精神を象徴しています。
 
【鳥類】
鳥類―澎湖雲雀

澎湖县鸟-云雀(Alauda Gulgula)澎湖雲雀はよく草原に現れ、空中高く舞い上がりさえずります。鳴き声が鳴り響き、「半天鳥」とも呼ばれ、澎湖特有の野生鳥類です。

◎澎湖雲雀の紹介:

雲雀 (Alauda gulgula)ヒバリ科の鳥類(世界中には75種類、台湾には1種類生息)、ヒバリ科鳥類は南北極を除き、世界各地に分布している。頭部に羽根があり、翼は長く、足がやや長く、後足の爪は非常に長い。草原、畑地、山などに生息。昆虫、植物、種子などを食べる。よく地面で活動し、囀るのが好きで、低いところで巣をつくります。 

  台湾の雲雀(A.g.wattersi)は二種類あり、一種類の生息地は本島です。全身黄褐色で、黒褐の斑がある。頭の後ろの羽根がやや長く、冠の形をしていて、腹部は黄褐色で、黒褐色の斑があり、腹部以下は浅黄褐色です。もう一種類は澎湖雲雀(A.g.coelivox) で産地は澎湖です。全身は濃い黄褐色です。

 
【古い家屋】
澎湖は開発された時期が早いため、人文史跡が豊富です。昔住民が集まり居住した地域には歴史があり、田舎調査と研究に大切な資源となっています。
馬公市の「中央街」は、澎湖の中で最も古い街並みですが、日本に統治された時代から、洋式建築が古風な建物に取って代わっりました。今僅かに残る古いビルは民衆と政府の保守政策で、積極的な修復計画が進められています。
長い歳月を経ても「西嶼二嵌村」と「望安中社村」は古風で飾り気がない当時のままで、古めかしい気分を味わえます。
二嵌には、陳氏の百年前の古い家屋があり、中には石彫や泥塑像、書画の飾りもあり、気高と典雅を漂わせています。中社の古い家屋形式は、澎湖唯一の集団伝統民家で旧人々の思いを呼び起こさせます。 

「進士第」は、馬公市興仁里にあり、それは澎湖唯一の“開澎進士”菜廷蘭氏により道光24年に造られたものです。家屋の煉瓦、木材は何れもも高級で、国家第三級古跡に定められました。

「張百万故居」は、澎湖伝説の人物張百万の孫、啓俸が乱れを平定し、清朝廷から将軍の官位に賜った。生前の住所は白沙郷に在りました。
古い家屋 古い家屋
 
【澎湖の歴史】

古い家屋澎湖は早くから開発され、古書によれば、隋唐朝の頃に占領されたようです。定かではありませんが、隋朝大業6年、隋楊帝は虎憤中郎将―陳稜氏を派遣し、澎湖を統治しました。唐朝の半ば憲宗の時、進士施肩吾氏は家族を伴って澎湖に移住しました。 

  澎湖が正式に中国の一部として置かれたのは、南宋孝宗乾道7年、当時泉州の軍隊は次々に海を越えて攻撃をした。そして正式の支配は、元世祖至元18年のとき福建省同安県のもとに、澎湖に巡検司を設置した、これは澎湖行政建設の始まりで、しかも台湾の中で一番最初に政府管理を設立したところである。

  明朝の初期、人民が大陸に移住したため、朝廷が巡建司を廃止した。澎湖は次第に海賊の根拠地となった。明天啓2年、オランダ人は澎湖を陥落させ、砲台を修築し海路を防御した。4年、オランダは敗れて、台南へ移動した。 

明永暦15に至って、鄭成功氏が台湾を取り戻して、澎湖は金門島、夏門島と同じく、台湾の一部となった。 

  清光緒中日甲午戦争、清朝の軍隊が敗北、馬関条約が締結され、台湾と澎湖は日本に割譲された。民国34年、台湾が復帰してから、澎湖が正式的に県政府を設立した。民国70年、馬公鎮は県轄市に改められた。

  澎湖の開拓歴史を探ると、澎湖は台湾より数百年早く開発されたことが分かる。近年、考古家により、澎湖本島と他の島からは五千年前から四千年前位前の、「粗縄文陶文化」、「細縄文陶文化」、「素面紅灰陶文化」などの文化遺跡などが発見され、澎湖の由緒が証明できる。

来自福建沿海一带的移民,在此展开向大自然妥协与适应的生活型态,传统的中国农业文化在瘠地、强风、少雨的影响之下重新调适。多数居民以渔业为生,所以欧洲人称之为 「渔人之岛」。

澎湖居民一向以最朴素的方式在土地上生存,在大自然中求适应又因地理位置使其具备军事功能而形成大片的管制区域,使得大规模的开发未曾见之于澎湖时间绵亘颇长的文化资产、独特的适应与调谐于大自然而非全面开发的生活方式,呈现人类与大自然对应的一个基本而正确的方式。

 
【澎湖の文化】
古い家屋まるで東海に散らした翡翠真珠のような澎湖群島は、台湾海峡の南東にあり、約台湾の嘉義県と金門県の間に、東方には台湾、西方には中国の福建省、北方には馬祖列島、大陳島、舟山群島、南方は東沙群島、南沙群島と隣接する。   澎湖の人文資源が大自然、漢人文化、歴史の交互影響で、独自の風景を形成した。福建沿海からの移住民は、ここで大自然に妥協と適応の生活スタイルとなった。伝統的な中国農業文化は痩せ地、強風、少雨の情況で適応し直する。大部分の居民は漁業を従事するため、澎湖はヨーロッパ人に「漁夫の島」と呼ばれた。   澎湖の住民はいつも素朴なままでこの大地に生きていて、大自然の中で適応を求めていて、また澎湖は軍事の位置にあり、多くの制限区域を形成するから、大規模の開発がなかなか見られない。このような歴史のある文化資源、大自然に対する独自の適応と調和、そして全面開発ではない 生活スタイルは、人間と大自然の基本かつて正確な関係を示す。
 
【歴史の写真】
澎湖群島は台湾海峡に中央に位置し、台湾の玄関だけでなく、沿海国への対外的な玄関です。昔大陸の先人が、台湾に出向く時には、必ず澎湖に立ち寄ってから向かいました。史書と伝説によれば、澎湖は台湾より三百八十年も早く、七百年余り前に巡検司の設置の歴史があります。

歴史の写真

歴史の写真