::: 回首页  サイトマップ 澎湖県政府 交通部観光局澎湖国家風景区管理処   
连结至Facebook(另开新视窗) 连结至Google+(另开新视窗) 连结至微博(另开新视窗)
澎湖を知る 食べる・泊まる・行動する・遊ぶ 公開動画 トラベルサービス
主橫幅
::: 食べる・遊ぶ・泊まる・行動する  
 
 
::: ホーム > 食べる・遊ぶ・泊まる・行動する > グルメな特産品 > 現地グルメ
現地グルメ
共有:
* 印刷用ページ * フォワード
フォントサイズ:
字型:小 字型:中 字型:大
お使いのブラウザーはJavaScriptをサポートしていませんが本能には影響しません、このサイトの閲覧、共有するコミュニティ サイト[Facebook]下リンクを使用して可能性があります、[google+]、[Twitter の];印刷友好的である; CTRL + pを使用してこのページの内容を転送、ブラウザーによって提供される転送機能を使用することができます。

サツマイモの細切りご飯

かつて白米が金のようだった年代に、先人たちの多くはサツマイモによって不足した栄養を補っていました。澎湖の伝統的なサツマイモの細切りご飯は、現代でも良く見られる新鮮なサツマイモと白米を合わせたものではなく、まずサツマイモを細切りにしてから日干しにしていたため、鮮やかな色はありませんでした。やや灰色っぽいサツマイモの細切りと白米を合わせて作ったものが、名実ともに「サツマイモの細切りご飯」となるのです。

揚げイカ団子

イカは澎湖海鮮の一つで、イカ団子の興起に関しては、多くの澎湖人が思うには、50年代にあった「南東西」と言う名のレストランのメニューから始まったそうです。澎湖で食べられるイカ団子は、台湾本島のものとはだいぶ違っていて、ぷっくり丸いイカ団子を一口噛むと、たくさんのイカがごろごろと出てきます。

かぼちゃビーフン炒め

かぼちゃビーフン炒めは澎湖の故郷の味で、清の時代に蔡廷蘭進士が中国に行って仕えた期間、澎湖の故郷の味が懐かしくなったところ、翌日にかぼちゃビーフン炒めを作り、故郷を思う哀愁を和らげたという伝説もあります。えび、いか等の海鮮と、かぼちゃの細切りをビーフンと一緒に炒めたこの料理は、蔡進士のみならず、多くの故郷を離れた人々にとっても、故郷に対する思い出の味なのです。

ホタルイカ麺

ホタルイカは澎湖で最も人気の海鮮の一つです。ホタルイカの夜釣り、ホタルイカ麺、どれもがホタルイカに深い関わりのある必須コースです。澎湖のホタルイカは国内外に名を馳せる、現地を訪れる観光客が必ず食べる食材の一つです。真っ白な細麺の間に見える柔らかなホタルイカと、上に振りかけられたセロリが、海の甘みを口の中に広がらせます。

ヒザラガイの落花生煮込み

「海鋼盔」とも呼ばれる一枚貝類の一種で、潮間帯の岩に張り付いています。肉は小さいですが噛み応えがあり、落花生と一緒に煮込みます。澎湖には様々な種類の海鮮に溢れており、現代人にとっては奇妙なものでも、先人たちにとっては重要な蛋白質源だったのです。

キャベツのピーナッツパウダー炒め

「土豆麩」とはピーナッツパウダーのことで、落花生が特産である澎湖にとって、このメニューは貧しさから変化に富ませたおかずなのです。落花生は油分を豊富に含むため、少ない油でもピーナッツパウダーを炒めると、キャベツを香ばしく甘みたっぷりに炒めることができ、更には体に必要な油脂を補給することも出来ます。

真だこのスぺアリブ煮込み

真だこはたこの一種で、澎湖人はただ炒めるだけではなく、日干しした真だこで肉を煮込む香り高い料理がお気に入りです。真だこの豚バラ煮込みは澎湖の故郷の味で、肉のエキスが詰まった部位を取って、「真だこのスペアリブ煮込み」も広めはじめました。最初ににんにくを入れることで、濃厚な香りのスープができ、澎湖人がタコ類の海鮮を食べる際の習慣ともなっています。

1 合計 7 ペン,現在のページ:1/1