::: 回首页  サイトマップ 澎湖県政府 交通部観光局澎湖国家風景区管理処   
连结至Facebook(另开新视窗) 连结至Google+(另开新视窗) 连结至微博(另开新视窗)
澎湖を知る 食べる・泊まる・行動する・遊ぶ 公開動画 トラベルサービス
主橫幅
::: 澎湖を知る  
 
 
::: ホーム > 澎湖を知る > 地理・地質
地理・地質
共有:
* 印刷用ページ * フォワード
フォントサイズ:
字型:小 字型:中 字型:大
お使いのブラウザーはJavaScriptをサポートしていませんが本能には影響しません、このサイトの閲覧、共有するコミュニティ サイト[Facebook]下リンクを使用して可能性があります、[google+]、[Twitter の];印刷友好的である; CTRL + pを使用してこのページの内容を転送、ブラウザーによって提供される転送機能を使用することができます。
東海に散らした翡翠真珠のような澎湖群島は、台湾海峡の南東にあり、台湾の嘉義県と大陸に近い金門県の間に位置し、東方には台湾本島、西方には中国の福建省、北方には馬祖列島、大陳島、舟山群島、南方は東沙群島、南沙群島 

と隣接し南方各国に達する、まさに台湾海峡の要所です。中国大陸と台湾の中継池であり、昔から東アジア及び太平洋遠洋航路の玄関となり、地理的位置は、現在でもとても重要とされています。 

澎湖群島はおよそ100個の大小の島々により構成され、総面積は約127平方キロ、中でも澎湖本島が一番大きく(馬公市と湖西郷を含む)、次に西嶼、白沙の順となります。今までは僅か20の島にしか住民はいませんでした。群島は、北緯23’9から23’45、東経119’18から119’42の間に位置しています。

澎湖群島は台湾海峡の中央にあり、台湾全国でも唯一火山岩(玄武岩)で形成され、海と風、そして玄武岩の故里なのです。